狭さを感じさせないのが魅力な狭小住宅で家を建てよう

おしゃれで機能的な空間

家のミニチュア

身近な収納スペース

狭小住宅は、設計次第で暮らしやすさが決まるといっても過言ではありません。東京で信頼の置けるハウスメーカーや建築家に依頼して、住宅そのものを利便性の高い作りにする必要があります。東京の狭小住宅で人気なのは、ロフトを使用したタイプです。ロフトは吹き抜けと同じく、仕切りをなくすことで空間を広く見せる効果が得られます。単純におしゃれだという理由から、住宅にロフトの設置を希望する人もたくさんいます。また、窓を広く取るというのも技の一つです。狭い上に窓を広く取ったら室内が見えるという心配が出てきますが、窓の外には目隠しをしても構いません。光を取り入れたり空が見えるようにするこが目的なので、東京の人通りの多い道に面している窓には、外側に壁を設置しても良いでしょう。窓を大きく取ることで開放感が生まれて、より生活空間を広く感じることができます。他にも、インテリアや収納方法に工夫を凝らせば、狭小住宅での生活を楽しむことができます。いざ生活が始まれば、収納スペースの確保が問題となります。東京の狭小住宅では、階段下や床下などに収納することも可能ですが、家族が多ければそれだけでは十分ではありません。ベッド下に箱モノを収納したり、壁一面に棚を作って小物を置くなど、頭を柔らかくしてスペースを見つけましょう。持ち物自体を減らすことも重要なので、必要のないものは処分するよう心掛けましょう。ソファーベッドのように、変形する家具も場所を有効活用するツールとしておすすめです。