狭さを感じさせないのが魅力な狭小住宅で家を建てよう

検索の工夫が大切

東京の狭小住宅を探すときには占有面積や家賃を検索条件にして探すのが基本ですが、築年数と設備に着目すると納得できる住宅が見つかるでしょう。また、ご自身の理想とする住宅を建てる場合には狭小住宅に対してノウハウのある不動産会社に依頼すると良いでしょう。

付加価値の魅力

女の人

狭小住宅で家族円満

いくら安くても狭小住宅には抵抗があるという人は、付加価値に注目してみましょう。狭小住宅の最大のメリットといえば、何といっても土地代が安く済むという点です。東京都内でも三千万円以下で住宅を購入できるので、東京にマイホームを持つという一見ハードルの高い夢も、叶えることができます。狭小住宅の魅力は、これだけではありません。土地代が安く浮けば、建築士に依頼して住み心地の良い住宅の設計を依頼できます。東京の建築士に依頼すれば、機能性だけでなくデザインも重視した設計が期待できます。和風や欧州風、モダンなどスタイルを指定すれば、より理想に近い住宅が手に入ります。また、狭小住宅は、生活空間が狭いといってしまえばそれまでですが、家族と近い距離で暮らすことができます。顔を合わせる頻度も高くなるので、一日中自室にこもるという孤立した状態を防げます。家族の絆を重視する人にも、狭小住宅は最適だといえるでしょう。狭小住宅は、生活動線をしっかり把握した上で設計を行えば、決して不自由を感じることはありません。家族間でよく話し合って、どんな家が便利でどのような機能を求めるのか決めておきましょう。建築士に明確に伝えることが肝心です。また、狭小住宅は土地さえあれば必ず建てられるというわけではないので、高さ制限がないか、地盤がしっかりしているかなど、東京で土地を購入する前にあらかじめ調べておきましょう。

内観

広く見せる工夫がある物件

東京にある狭小住宅の建築業者は広さを印象付けるための工夫を施しています。物件購入の際にはその印象を大事にする人が多く、部屋の間取りの作り方や部屋の明るさ、天井の高さなどで広く見せている物件に人気があるのが実情です。
家のミニチュア

おしゃれで機能的な空間

おしゃれなロフトを取り入れたり、広い窓を設置すれば、快適なだけでなく見た目にも美しい住宅になります。東京の狭小住宅では、収納スペースを確保することが難しいものですが、ベッド下に箱モノを設置したり、壁に棚を設置するなど、楽しみながらうまくスペースを確保しましょう。